リーマスの効果と離脱症状

躁うつ病の治療薬であるリーマスですが、特に躁状態を抑える効果が期待できるので、躁病の患者に用います。治療薬というと複雑な化合物を思い浮かべますが、リーマス自体は簡単な金属塩で炭酸リチウムという物質なのです。リーマスを多量に摂取しすぎると血中濃度が上がりリチウム中毒に陥る危険性はありますが、その辺は医師が最初に血中濃度の検査をしますから問題ないと思います。リーマスは他の躁うつ治療薬に比べますと副作用も少なくて効き方も急に効く感じではなく、じんわりと効いてくるので躁病の治療薬としてなじみ易いです。リーマスを服用した時の副作用は色々ありますすが、主なものではめまいや立ち眩み、下痢になったり口が渇いたり頻尿などがあります。体内の水分コントロールが難しくなる感じなので多量の水分補給が必要です。離脱症状についても副作用と同様になる場合が多いですから、リーマスを服用、断薬する間は、こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

リーマス関連ページ

SSRI
SSRIの効果や副作用についての説明
SNRI
抗うつ剤のSNRIについての説明
アナフラニール
アナフラニールについての説明
コンスタン
コンスタンについての説明
コントミン
ジェイゾロフト
ジェイゾロフトについての説明
セディール
セディールについての説明
セパゾン
セパゾンについての説明
デパケン
デパケンについての説明
デパス
デパスについての説明
トフラニール
トフラニールについての説明
トリプタノール
トリプタノールについての説明
ノリトレン
ノリトレンについての説明
ユーパン
ユーパンについての説明
リーゼ
リーゼについての説明
レボトミン
エビリファイ
エビリファイについて徹底解説
リスパダール
リスパダールの効能などの説明
リフレックス
ワイパックス
ワイパックスのお薬情報
メイラックス
ソラナックス
ドグマチール
アモキサン
ヒルナミン
レキソタン
ルボックス
トレドミン