「病気と薬」について

このサイトでは、病気や薬、様々な治療法についての情報を掲載しています。医療が発達した現代においても、完治することができない不治の病というものが存在します。その一方で、効果的な薬が開発されたり、手術で治すことができる病気も増えてきています。HIVが原因となって、発病するAIDS(エイズ)などは、不治の病として恐れられています。ガンなどの悪性腫瘍も薬や手術の技術などが日々、進歩していますが、死にいたることも珍しくないため怖い病気といえます。その他にも、糖尿病や高血圧などの生活習慣病、、性感染症や不眠症、うつ病についての病気や薬の情報も掲載していきます。

性感染症に注意

現代医学の進歩は目覚しく、様々な治療法や効果的な薬が開発されています。しかし、そうした医療の進歩に比例して、エイズやクラミジアなどの性病の感染者が減っているかといえば、決してそうではありません。むしろ、感染者が増えているというのが現状なのです。クラミジアや淋病は、クラビットやジスロマックという抗生物質を飲めば、治すことができる性病です。治療自体は風邪などと変わらないくらい簡単なものです。しかし、日本の若年層で感染が拡大し、年々、増加傾向にあるようです。こうした事情から、性病に関する正しい知識を持ったり、性病 検査など予防対策をきちんと行うことが肝心であると考えられます。当サイトでは、性病のコンテンツも掲載していますので、参考にしていただければと思います。

拡大するHIV感染

HIVというウイルスが発見され、エイズという病気が認識されるようになってから、数十年経ちます。日本人なら、エイズやHIVという言葉を知らない人は、ほとんどいないでしょう。しかし、HIVキャリアの数は、日本でも増えているのです。HIVは、エイズが発症するまでの潜伏期間が長いのが、他の性病と異なる点でしょう。そのため、感染者は、HIV検査でもしないかぎり、感染に気づかないケースが後を絶ちません。これには、注意が必要ですね。ですから、年に一度くらいのHIV 検査を心がけたいですね。カップルや婚約者なら、ほとんど、エチケットともいえるでしょう。HIVの予防ワクチンやエイズを完治できる治療薬がないのですから、徹底的な予防をしなければなりません。アフリカのような環境ならまだしも、日本では、きちんとHIV予防はできますから。

淋病の治療期間は?

淋病になってしまった場合には2週間前後の治療期間が必要だと言われています。治療を行っていく中でウィルスを退治するための注射を行い、他に抗生物質を服用していくと言うものになります。淋病によって化膿していた膿がすべて排出されれば症状も改善されます。淋病は、短期間での治療が可能になるので、2週間程度の治療期間はしっかりと治療を行うようにしてください。淋病は痛みが強くとても辛い症状だと言われていますが、しっかりとした治療を行えば、短期間で完治させる事が可能です。患部を清潔に保つ事と、毎日しっかりと抗生物質を服用すると言う事を忘れずなは治療を行っていけば、症状が悪化してしまったり、他の病気を併発してしまうような事も無く安全に完治させる事が可能です。痛みが強いですが、治療にかかる期間そのものは短いのでしっかりと取り組んでいきましょう。

男性のカンジタについて

カンジタは、真菌の一種が原因となって起こる性病ですが、もともと人の体内にある菌とも言われていまして、異常繁殖によって、カンジタの症状を出してきます。自覚できる症状が出にくいために、カンジタの発症に気がつかない人が多いと聞いています。包茎の男性には症状が出やすいと言われていますが、糖尿病になったり、ステロイド剤を投与されていると症状が出てくることがあります。亀頭のかゆみやただれが出てきたり、亀頭が赤くなり白いカスのようなものが出ることや、亀頭に小さな水泡が出来てきます。一番分かりやすいカンジタの症状としては、痛みを感じる尿道炎を起こすことがあります。オーラルセックスを行なっている場合は、口腔内に感染することもありますが、カンジタは元々口腔内に存在していると言われています。炎症を引き起こします。

男性のトリコモナスについて

男性がトリコモナスに感染した場合は、目立った自覚症状が出ないことがあります。また、3週間程度で症状が出なくなることもありますので、一時的なものと思い医療機関で診断をしない人もいます。トリコモナスの症状としては、排尿をした場合に痛みを感じることが多く、頻尿になることがあります。性器自体のかゆみや、灼熱感、違和感が出てくることがあります。尿から膿のような分泌液が出ることがあります。このような症状を起こしてきますが、自覚出来ることが少ない為に、パートナーがトリコモナスに感染していれば、一緒にトリコモナスの検査を行なって、治療を行なって行くことが大切になってきます。放置し続けると前立腺炎になることがありますので注意が必要です。トリコモナス原虫は自然になくなることはありませんし、水があれば強い生命力で活動し続けるので、お風呂、トイレ、利用したタオルで感染することも考えられます。

梅毒の流行

梅毒というと、江戸時代くらいに流行したというイメージがある感染症です。しかし、梅毒の感染者は現代になっても存在します。梅毒というのは、性行為で移るので性病になります。近年では、感染の増加が指摘されているのです。梅毒は、ペニシリン系の治療薬が有効であり、現代医学の進歩によって、治療は容易になりました。いまでは、梅毒の治療に効果的な薬があるのです。治療費も数千円で済むようです。大昔は死に至る病気として恐れられていた梅毒ですが、現代ではマイナーな性病になりつつあります。これも医学の進歩のおかげです。しかし、感染者はいるのですから、安心はできません。梅毒の症状に関する正しい知識を持ち、予防に努めることが肝心なのです。もしも、感染してしまった時のことを考えて、梅毒の検査を定期的に受けるのがいいでしょう。検査については、保健所や性病科、検査キットなどの方法があります。梅毒の検査自体は難しいものではありません。安心して受診しましょう。

若年層のクラミジア感染者が増加

クラミジアといえば、性病のなかでも代表的な病気です。一説によると、感染者の多さでは一番という話もあります。日本では、100万人以上の方が感染しているようです。特に若者の間でクラミジアが蔓延しているといわれています。性に関してオープンになったからでしょうか。クラミジアは、咽頭や性器に感染して、症状を引き起こします。やっかいなことに、男性の場合は、淋病と似た症状がでます。女性は不妊の原因になることもあるようです。女性は症状が分かりづらいので、心当たりがある人は、定期的に性病検査を受けましょう。クラミジアにはジスロマックという効果的な抗生物質があるので、クラミジアに感染しても簡単に治療できます。しかし、治療が簡単だからと安心せずに、コンドームの使用など予防対策をしかっりしましょう。クラミジアは淋病との同時感染もあるようです。これには、注意が必要ですね。