サブちゃん のすべての投稿

日経平均は回復基調、ドル円は軟調に推移!?

こんばんは、投資家サブちゃんです。

早いもので10月も下旬に入ってから、急に気温が下がり寒くなってきましたね。

体調を崩さないよう気を付けて過ごしたいものです。

さて、今回も株価や為替の話題にうつりたいと思います。

前回10月8日の記事では、日経平均2万7千円台だったのが、本日10月19日では、2万9千円台にまで回復しています。

これは、岸田総理が金融所得課税の見直しは当面考えていないという発言によるものでしょう。

株式市場も気分が明るくなったのか、日経平均も上昇に転じたというわけです。

相場というものは、コロコロ変わりますね、一喜一憂といいますか。

いま思い返してみると、岸田総理就任後の株価の下落は、買い相場だったという結果になりました。

狙ってやっているのか、日経平均の下落を見て、金融所得課税について言及したのか真意は分かりませんね。

為替相場についてですが、ドル円は114円と円安になっています。

最近のドル円は軟調な動きですね、このまま円安基調が続くのか見ものです。

米国のテーパリングは11月からという見込みで、2022年の半ばに終了する予定とのことです。

FRBのタカ派シフトが円安ドル高を進めた要因との見方もあります。

2021年度末に向けて、リスクシナリオを見極める必要がありそうですね。

なんて、それらしいことを書いていますが、ポジションを持っていない私が何を言ってるんだという感じです。

個人的に気になっているのが世界的なインフレです。

コロナの影響でサプライチェーンが滞っていたり、原材料の高騰や原油高のせいで、コストプッシュインフレとなっています。

輸送船やコンテナの需要も逼迫していて、輸送コストも上がっているようです。

日本の物価や賃金も上がるといいですね。

そうでなければ、企業の利益が削られるだけでしょうから。

為替の他には、インフレの状況も今後の注目となるでしょう。

さて、今日は最後にお世話になっているFXトレード関連のブログを紹介したいと思います。

https://fx-tool-shouzai.com/

インターネットでは、FXのツールやトレード手法を学べる教材も販売されているようですね。

いまのところ、FXについては本で勉強しているので、FX商材を買う予定はないですが、もし買ったら記事にする予定です。

次回の記事はいつになるか分かりませんが、何かあったら記事を書く予定です。

たぶん来月になると思います!

ドル円は111円台 ドル高が続くのか?

こんばんは、投資家サブちゃんです。

さっき、大きめの地震があったので、びっくりして眠れなくなってしまい、ブログを書くことにしました。

都内では水道管の破裂など一部地域であるようですが、大きな被害はなさそうです。

今回の地震による株や為替への影響もなさそうです。

さて、10月に入ってから岸田総理になり、日経平均が続落しています。

前回のブログ記事が9月29日で、岸田新総裁について取り上げましたが、その時の日経平均株価が2万9544円となっています。

そして、10月7日の日経平均は、2万7678円とさらに落ち込んでいます。

新総裁の就任ですが、ご祝儀相場もなしということみたいですね。

相場からは期待もされていないようです。

というのも、岸田総理は金融所得課税強化を検討しているということで、投資家としては良いことがないからですね。

日本経済の景気がよくなってから増税ならいいですが、いきなり株式譲渡益に対する増税を取り上げるのはいかがなものかと思います。

相場からは歓迎されていない新総裁のようです。

個人的には、新総裁は高市早苗さんを推してたんですがね。

まあ、こればっかりは仕方がないですね。

10月に入り、緊急事態宣言が解除されて、少しは日本経済も回るかなと思ったのですが、相場の目は厳しいようです。

さてさて、為替についてですが、ニューヨーク為替市場でドル円は111円台半ばでレンジ取引でした。

ドル円については、小動きで方向感の乏しい取引ですね。

そして、ドル高は一服という感じですが、しばらくはドル高傾向が続く見通しのようです。

最近ではエネルギー価格も高騰しており、アメリカの債務上限問題もあるので、世界経済は軟調に推移しそうですね。

2021年度末に向けて、世界経済の成長は鈍化するリスクしかなく、それによってドル高傾向は続くということです。

また、明日は米雇用統計の発表があるので、それによって為替も動きそうですね。

個人的には、様子見ムードといった感じですが、ドル円はあまり大きな動きはないのではないかと予想しています。

ここからは余談ですが、最近はNFT(非代替性トークン)についての本を読んで勉強しています。

NFTも仮想通貨と同じくブロックチェーン技術を使っています。最近は次々と新しいものがでてくるので、覚えるのが大変です。

早いもので、もう10月です。ボケっとしてると、すぐに年末になってしまいそうですね。

また、何か金融トピックがありましたら、記事を書こうと思います。

自民党総裁選で岸田文雄が新総裁に!日経平均は急落

こんばんは、投資家サブちゃんです。

仕事から帰ってきてからブログを書いています。

タイトルにあるとおり、今日は自民党総裁選がありました。

岸田文雄が新総裁になったということで、無難な結果に終わったと個人的に考えています。

その反面、9月29日の日経平均株価は2万9544円に急落しました。

3万円を割ってしまいました。

ドル円は111円台を推移しています。

ヤフーニュース掲載の共同通信の記事では、日経平均急落の原因としては、FRBの量的緩和縮小が早まるのではないかという警戒感から幅広い銘柄に売り注文が殺到したとのことです。

ヤフコメを見ると、今日は配当権利落ち日だったという話も多くありました。

日本時間午前のダウなど、米国市場も売られていたので、その影響も大きいでのでしょうね。

ソニーフィナンシャルホールディングスのシニアエコノミスト、渡辺浩志さんが同じ趣旨のコメントをしています。

こうした金融関連のニュース記事のタイトルや内容はいいかげんなものだったりする場合も多いです。

どうやら、今日の日経平均急落は、総裁選のマーケットへの影響ではないようです。

個人的にはそう考えていたのですが、日本経済新聞の記事では「自民総裁選受け下げ幅拡大も」というタイトルがついていました。

はたして、日経平均急落の要因は何なのか。

少し前に菅総理が退任と分かったときは、株価が上がりましたからね。

株式市場は菅総理退任を好感しすぎでした。この事実には、思わず笑ってしまいましたよ。

さて、今日はもう1本のニュース記事を紹介します。

こちらは、NRIが出している記事で「米国のデフォルトリスクがグローバルに波及」というものです。

アメリカの議会で政府債務の上限引き上げ交渉が難航しているということで、金融市場に与える影響が心配されるということです。

これ、想像以上に大変なことじゃないですかね。

米議会次第なんでしょうけど、米政府がデフォルトなんて実際にあるのか疑問を持ってしまいます。

もちろん、米議会はデフォルトを回避してくれるというのは楽観論でしょうか。

イエレン議長が言うには財務省の手元資金がなくなるのが10月18日で、その日がXデーとされているとか。

まるで映画みたいな話ですね。

米国際が債務不履行なんて、基軸通貨としての米ドルが大きく揺らぐだけでなく、世界中が混乱するでしょうね。

このNRIの記事は最悪のケースを想定といったニュアンスでしょうか。

アメリカのテーパリングもハッキリしないので、今年は年末まで気を抜けない状態が続きそうです。

もう2年近く海外に行ってないので、たまには羽を伸ばしたいですね。

画像はプーケットに行ったときのものです。

来年はいい年になるといいですねって、まだ早いですかね。

それでは、何か金融トピックがありましたら、記事を書きますね。

米国のテーパリングは2021年内になるか?

こんばんは、投資家サブちゃんです。

今回のテーマは、テーパリングになります。

昨今の金融関連のニュースをにぎわす話題ですね。

株や為替に興味がない人でも、テーパリングという用語は効いたことがあるのではないでしょうか。

テーパリングとは、中央銀行の量的緩和による資産買い入れを段階的に減らしていくことだそうです。

量的緩和を急に終わらせるのではなく、段階的に徐々に細らせるというニュアンスが入ります。

金融緩和の出口戦略のひとつとして使われます。

英語だとテーパリングは、Taperingですね。

現状の米株高は、量的緩和のおかげで資金が流入しているからなんですね。

それがテーパリングによって終わるということです。

そして、為替にも影響がありますので、テーパリング決定後のドル円は注目されるわけです。

今のところ、2021年中にFRBによるテーパリングがあるだろうと予想されています。

FRBのパウエル議長は、できるだけテーパリングを遅らせたいという話もあります。

一体どうなるんですかね。

アメリカは金融緩和のおかげで、資産家の資産額はますます増えたということでしょうけど。

日経平均も2021年9月28日現在、3万円台と高水準です。

ニッセイ基礎研究所から、「米テーパリング決定後のドル円の焦点は?」というテーマで記事がでていますので、後で読んでおこうと思います。

上席エコノミストの上野剛志さんが書いたマーケットカルテというレポートですね。大いに参考になります。

みなさんも、よかったら読んでみてくださいね。

今後のテーパリングや利上げに関する展開は、FOMCやドットチャートの内容次第という見方もあります。

FOMCは以前から知っていましたが、ドットチャートは最近になって覚えた用語です。

ドットチャートとは、FOMCのメンバーが予想する米国の政策金利フェデラルファンドのレート水準を点として散布図化した政策金利の見通しのことだそうです。

点のことを英語でドットといいますね。

簡単にいうと、ドットチャートとは政策金利の見通しを図にしたものです。

FOMC(連邦公開市場委員会)のメンバーが予想というのもポイントですね。

実際のドットチャートを見てみると、いくつかの点々が打たれた図になっています。

ドットチャートは、それほど複雑な図ではないので、金融ビギナーでも分かりやすいかと思います。

それにしても、金融の世界は専門用語が多くて、それなりの勉強量が必要ですね。

余談ですが、先週末は近所の公園でのんびりしていました。

家のパソコンでチャートと睨めっこばかりしていると気が滅入るので、たまには外にお出かけしようと思います。

それでは、また次回に金融ネタをお届けしようと思います。

投資家サブちゃんの自己紹介

こんにちは、投資家サブちゃんです。

普段は平凡な会社員をしています。

少し資金の余裕ができてきたので、FXを本格的に始めようと思い、外貨投資の勉強をすることにしました。

外貨投資というのは、いわゆるFXのことですね。

モチベーション維持を兼ねて、FXや株式投資に関するブログを書こうと思ったわけです。

インターネットには、FXやトレード手法についての情報が溢れていますが、まとまった情報となると、本で勉強するのが有効かと思います。

まずは、近所のブックオフに行って、ダイヤモンド社から出版されている「外貨投資・FXの学校 入門編」という古本を買いました。

この本は、税込220円と格安本でした。

入門編ということで、FX初心者の自分にはピッタリではないかと思ったのです。

帯には、FX投資の基礎知識から実践で役立つ応用までを体系的に網羅していると書かれています。

この本は、いくつか手に取ったFX関連書籍のなかで、一番しっくりくる内容だったのです。

基本的なFXの用語解説が多いという印象です。

ちなみに、外貨投資・FXの学校はファイナンシャルアカデミー編著となっています。

ファイナンシャルアカデミーの代表である泉正人さんと講師の山根亜希子さんが書いているようです。

ファイナンシャルアカデミーについては、ネットで検索すると詳しい内容が出てきます。

FXを含む投資関連のセミナーを開催しているようです。

興味があったら、公式サイトをチェックしてみてください。

FXでは、移動平均線やストキャスティクス、RSI、MACDなどの専門用語が多くでてきます。

なかには株式投資と同じ用語もあるかもしれません。

しかし、それらのFX用語を知っていないと、FXのYoutube動画やサイトを見ても、意味が分からないと思うのです。

最近は、FXトレード解説やリアルトレードの様子を動画配信する人も多いですね。

専業トレーダーなどプロレベルの内容が濃いものを無料で見れるので、大いに参考になります。

私もそうしたFX関連の動画を見たことがあるのですが、知識不足で意味が分かりませんでした。

ただ、チャートを見て利益が出ているのかどうかが分かるくらいです。

トップトレーダーのリアルトレードを見ることは、とても勉強になりますが、知らない専門用語が出てくると、話を理解ができませんからね。

やはり、FXに限らず基礎の勉強はどの分野でも大切かと思います。

探してみると、山根亜希子さんのYoutube動画もありました。

FX投資戦略やテクニカル分析といった内容の動画です。

興味があったら、チェックしてみてくださいね。

さて、少し長くなってしまったので、今日はこのへんで終わりにしたいと思います。

FXの勉強が進んだり、何か気づきがあったら、また記事を書こうと思います。